シアリスとバイアグラを販売しているネット業者

日本では、医薬品は医師の処方がない限りできないことになっています。ED(勃起障害)治療薬のシアリスやバイアグラも例外ではなく、泌尿器科やED治療の専門病院を受診して医師の診察を受けてからでないと処方してもらえません。
これは法律で決められていることですが、ネット業者は個人輸入という方法でED治療薬を販売しています。
海外の販売者から個人使用の目的でのみ輸入する方法です。これは合法で取引ができることになっています。
民間の企業が医薬品の販売をして利益を得ることは違法にあたりますが、海外の販売者と日本の購入者の仲買をすることで利益を得ているビジネスなので、個人輸入業者は違法ではありません。
ただし、シアリスやバイアグラなどのED治療薬を買うときには、個人輸入業者の質に注意する必要があります。業者のなかには、EDという周りには言いづらい利用者の立場を利用して、偽物やまがい品を多く出回らせているところもあります。入手ルートも不明で、やたらと高い値段で売っているところもあります。
もし偽物やまがい品を購入してしまっても、購入者は周りには相談できないので、そのまま泣き寝入りするしかありません。場合によってはまがい品を飲んで危険な副作用を起こしてしまう恐れもあります。
シアリスやバイアグラはEDで悩んでいる男性にとっては夢の薬ですが、ネットで取引するときには前述のような危険性もある、ということを心得ておきましょう。
一番安全な方法は、一度病院を受診して本物の薬を処方してもらうことです。本物の包みがわかれば、ネットで掲載されているイメージ写真と違えば、偽物かどうかの判断がつく可能性もあります。持病の薬との飲み合わせによる副作用の心配もあるので、できるだけ一度は病院で処方してもらうようにしましょう。